フェラーリ王子の会社は儲かっているのか?

フェラーリ王子の愛称で知られている「青山光司」氏の会社は儲かっているのでしょうか?
先代社長である彼のお父さんが経営していたものを、受け継いだという状態になります。

スポンサーリンク

先代社長の事業を、二代目になる青山光司氏が、更に視野を広げて展開しています。

株式会社KRHという名称になります。
「クサビ式足場のパイオニア」というコンセプトで、足場リースの事業が中心となっています。
建設現場などでは、かなりの大手企業のひとつだと言えます。

krh

http://www.krh.co.jp/cgi/diary/diary.cgiより引用

そして、やはり気になる事は、フェラーリ王子の会社は儲かっているのか?という事ですよね。
結論から言うと、かなり儲かっている!というのが現状だと思います。

豪邸に住み、フェラーリをはじめとする高級車を何台も所有している事からも、儲かっているという事がわかります。

青山光司氏の会社経営の手腕は、凄腕だと言えます。
ご本人の学歴としては、高校中退という経歴があります。
しかし、実際に社長就任後は、経営が面白い!経営が楽しい!という気持ちが強いみたいですね。
面白い!と思える事で、更に拍車がかかるものです。

日本は一時期、学歴が重視されていましたし、現在でも学歴重視の企業はとても多くあります。
そんな中、学歴が無くても、これほどの経営手腕を持って経営できる人物の代表ではないでしょうか。

KRHに就職希望の若者も多くいますね。
もちろんマスコミで話題になっただけではなく、実力重視の会社であるという点がポイントになります。

また、大学の新卒でKRHに就職した場合、初任給が25万円程あると言われています。
儲かっているから、待遇も良くなります。
何よりも、青山社長に憧れて、就職を希望する人が多いのも事実のようですね。

抱く夢や希望は大きい方が良いものです。
実力社会の会社で、様々な事を学んで企業していく若者が増える事を願いながら。

Similar Posts:


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ