フェラーリ王子の所有車はやっぱりフェラーリなのか?

「フェラーリ王子」という名称は、少し前にワイドショーを賑わせた話題のひとつですね。
はじめは何の事か全く分からなかったのですが、どうやら会社の社長さんだという事です。
フェラーリを所有車にしているからついたあだ名のようです。

スポンサーリンク

日本でも数少ない高級車であるフェラーリを所有して愛車としている、若き実業家!というのでしょうか。
青年実業家といっても、イチから自分で起業してのではなく、先代のお父様の会社を30代の若さで引き継いだ、という状態にあります。

引き継いだ後は、経営者としての手腕が発揮されて、幅広い分野にも進出しているようですよ。
凄腕ですね。

青年実業家というイメージは、やはりお金持ち。
そして、お金が自由に使えて、高級車を購入して、維持していくことが容易に出来てしまう。
世間で注目されている「フェラーリ王子」は、本名を「青山光司」さんという。

もちろん、愛車のフェラーリを多数所有しているという事実もあります。
しかも、所有するフェラーリの台数が半端じゃない!!という話でしたので、調べてみたので、列挙してみます。

青山光司

http://shuoke.autohome.com.cn/article/3642.htmlより引用

・フェラーリ360チャレンジ
・フェラーリF40
・フェラーリF40LM
・フェラーリF430GT
・フェラーリ430スクーデリア
・フェラーリF50
・フェラーリエンツォ フェラーリ
・フェラーリFXX
・フェラーリF1 (F310)

凄いですよね!
ただ「凄い!」としか言葉に出来ない状態です。

フェラーリだけでも9台ほど所有しているみたいです。
コレクターに近いものがあるように感じてしまいますが、実際に利用している車ばかりだという事ですよ。

一週間、毎日違う愛車でお出かけ出来ますよね!

その他にもベンツ等の高級車がありました。
高級車ばかりです!

「フェラーリ王子の所有車はやっぱりフェラーリなのか?」
という答えは、やはり、フェラーリだった!と言えるのではないでしょうか。

Similar Posts:


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ