KRHでのフェラーリ王子の役割は!?代表?それとも!?

フェラーリ王子の愛称で知られている「青山光司」氏は、
KRH株式会社の代表取締役社長という地位にあります。
イケメン社長と言われフェラーリが大好きな事から、
メディアで注目されて、一躍有名になった事も記憶に新しいと思います。

スポンサーリンク

プライベートでは、女優の上原さくらさんの元旦那さんとして、
芸能人のような扱われ方をしていた時期もありました。
現在は離婚を経て、女優の観月ありささんとの結婚秒読み報道がされ、話題となりましたね!

そんなフェラーリ王子は、KRH株式会社できちんと代表取締役社長としての役割を果たしているのか?
そんな疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

青山光司

http://ameblo.jp/krh-group/entry-10363667945.htmlより引用

世間やマスコミのイメージは、お金を湯水のように使い、女性関係にだらしない、
道楽息子等のイメージが強く根付いているようです。
実際にKRHでの社長という地位も、イチから築きあげた会社ではなく、
先代の社長であった父親の後を引き継いだだけの話です。

そんなお坊ちゃまが、きちんと会社を経営していけるのか?
と、誰でも思います。

KRH株式会社は、建設用のパイプ式足場のリース・レンタルを中心として、
フェラーリ王子に代替わりしてからは、更なる分野に事業を拡大して大きく成長過程の企業のひとつでもあります。
メディアに出演する事でも、会社側としては良い宣伝効果が得られるのも事実だと思います。

KRH株式会社でのフェラーリ王子の役割は、毎日デスクで書類にハンコを押している、
なんて事はないようです。
現場にも出向きます。
支店にもきちんと顔出しする事でも知られています。

現在ではKRHグループと呼ばれる程の事業を展開するまでに成長しています。
グループの代表としての顔も、しっかりと定着しているのではないでしょうか。
フェラーリ王子の社長としての手腕は、この先も凄腕として君臨していくと思われます。

Similar Posts:


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ